クラミジアのダディーの問題について

クラミジアは日本で最良蔓延しておる性感染症だ。様子が小気味よい事もあり、抗生物質で完治する箇所から軽視されて要る性感染症だ。

 

感染症ですので、お客様に感染させる事もあります。また、放置させていると色々なリスクもあります。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

クラミジアの潜伏時は?

クラミジアは感染復路、5太陽~3ウィークほどで症状が出る事が多いです。ただし、様子がなにも出ないタイミングもあります。耐性が低下していると様子が素早く出ると言われています。

 

 

父親の様子は尿道炎

男性がクラミジアに感染した場合、尿道周辺に様子が出やすいだ。

 

クラミジアの主な様子

透明、白っぽいサラっとした膿が出る
排尿まま軽々しい痛みや違和感がある
尿道の後が熱くなる(排尿拍子・排尿復路)
尿道近くがちょっぴり赤く陥る
男根に違和感を感じる
軽々しい残尿印象がある

 

上記のような様子が出やすいですが、自覚症状が出ないケースも多くあります。セックス後に多少なりとも違和感がある場合はクラミジアの可能性があります。何より初期段階でクラミジアと思われる様子は「膿」といった「違和感」だ。

 

 

透明な膿

カウパー氏腺液(ガマン汁)が、急きょ男根の尖端(尿道)から出てきます。サラっとしていて、ちょっぴり糸を退く感じの液体だ。

 

透明な膿とガマン汁の種別は、診察をしない限り分かりません。 膿が出るといっても少量でわかりづらいこともあります。また、寝起きに、膿でボトムスがパリパリになってることもあります。

 

因みに、クラミジアといった思い切り比べられる淋病の場合も膿がでます。淋病は黄色い膿が出るのでわかりやすいだ。

 

膿の体積もかなり数多く、排尿時折激痛があります。黄色い膿が出たら、一気にクリニックをめぐって下さい。

 

 

排尿まま小気味よい痛みや違和感がある
自覚症状が出ない人も多いだ。いつもよりも排尿ときの正邪が乏しいや時間がかかるなどの様子があります。

 

小気味よい尿道炎になり、尿道が痒くなったり、ムズムズしたりすることで頻尿になりやすいだ。

 

なにか様子があるタイミング、クラミジアの可能性が高いです。淋病の場合は様子がわかり易いだ。

 

 

男根周辺に違和感などがあるといったクラミジアの可能性が高い
父親の場合、尿道や男根に違和感があったり、透明な膿が出るなどの様子があればクリニックにで診察ください。

 

違和感にも人によって違いがありますが、普段はぜんぜん意思にならなかったのに急に男根や尿道が気になる感じです。

 

1日に何回も男根や尿道がムズムズしたり、違和感がある場合は、健康な状態ならあまりありません。

 

尿道や男根に激痛があり黄色い膿がでたら淋菌強烈。黄色い膿や排尿痛の様子の場合は、淋菌の可能性が強烈だ。また、クラミジアと淋病のダブル感染やるケースも非常に多いだ。

 

クラビットTOPへ