クラミジア・淋菌の感染通り路

クラミジアや淋菌の感染は『きっと100パーセント性行為が原因』だ。

 

パートナーへ感染させてしまったら、海水浴やバスなどで感染したみたいなでたらめは通用しません。調べられてらすぐにバレてしまう。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

 

クラミジアや淋菌は粘膜の接触で感染する

感染ヤツの粘膜や体液が客の粘膜と接触する事で感染して行なう。 感染する部分は男子の場合は尿道、ママの場合は子宮頸部だ。また、咽頭の粘膜にも感染行なう。

 

感染キャパシティーが非常に手強いばい菌ですので、1回の性行為による感染パーセントが50パーセント限りと言われています。

 

 

自覚症状が出ない場合がある

良い感染キャパシティーって自覚症状がないら、長時間感染やることもあります。

 

たとえば、おめでた検診時や不妊治療での医療を行ったら、過去のクラミジア感染や淋菌感染をはじめて分かることも珍しくないのです。そのため、感染道程がわからず、いつ感染したのかは明確にすることができないのが性病だ。

 

 

セックスで男根へ感染する

ほとんどの感染道程は、コンドームを使わないセックスによる存在だ。 感染ヤツが男子の場合は尿道から客の膣に感染行なう。

 

また、感染ヤツがママの場合は膣から客の尿道へ感染行なう。客の体液が尿道へ接触すると、感染するケー。

 

コンドームを最初から最後まで使用していれば、ある程度の感染危機は控えることはできます。

 

クラビット,通販,市販,副作用,効果,即日発送,淋病,クラミジア

 

オーラルセックスによる咽頭感染

オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)で咽頭の粘膜に感染し男根へ、または男根から咽頭の粘膜へ感染するケースが多くあります。

 

咽頭の粘膜は深層の方にあるので、男子の感染よりも、ママの感染パーセントの方が高いです。また、ディープキスも感染する確率があります。

 

クラビットTOPへ